teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


re:電源トランス

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 9月23日(日)09時32分58秒
  内尾様、嶋村様 おはようございます。

 昨日は午前中の雨もあがりましたのでカミさん発注の新居の花壇つくりをしていてレスが遅れてしまい申し訳ありません。


 私も6SA7-6SD7-6SQ7-6F6pp-5Y3のような構成のラジオは好きで関心を持っていました。
  (GT管で6SK7でなく6SD7を使うあたりが好感が持てます)

"電源トランス"の投稿は質疑のやりとりをスムーズにすると解決できるのではと見ていましたが、
 その時の現象の羅列だけで質問に答えてくれないのでこんがらなくなるだけです。

 もう10年ほど昔ですが、5球スーパーを自作したけど鳴らないからと質問がありました。
 状況を問い合わせしましたが、今回と同じく状況の羅列で前後の矛盾もあり理解不能でした。
 結局、送ってもらいましたが誤配線や不適切な配線で全て外して配線しなおしました。

 せっかくの真空管ラジオの自作です。中村さんには頑張ってもらいたいです。
 
 

Re:電源トランス

 投稿者:嶋村  投稿日:2018年 9月22日(土)21時56分23秒
編集済
  内尾さん こんばんは。
会話が成立しないまま終わりましたね。

この先、しばらくして、

”トランスを交換したのですが、これも同様に熱を持ちます。原因は何でしょうか?”

って、書き込みがなければいいですが.....

 

Re:電源トランス

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 9月22日(土)11時33分51秒
  お早うございます。

こちらでも話題になっていましたか、紹介すればよかったですね。
どうも会話が成り立たなくて 困りました。
会話が成立しないと故障原因に辿り着けないのですが??。
 

re:電源トランス その2

 投稿者:嶋村  投稿日:2018年 9月20日(木)22時16分18秒
  ややこしくなったうえに、終わっちゃいましたね。
きっと、本人さん、もやもやしてるけど、むつかしい話されてもわからんし...
って、感じじゃないでしょうか。
 

re:電源トランス その2

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 9月20日(木)08時50分23秒
  嶋村様 おはようございます。ややこしくなりましたね。


>電源スイチをOFFの時は各たっぷ共導通があります真空管は挿していません、次にスイチをONすると電圧が出てきません。

 全てのコイルの電圧が出ていないのでしょうか。トランスの一次側の100Vを確認してほしいです。


>B電圧にテスターをACレンジで測ると最初は5Vぐらいでてだんだんと0Vになります

 二次側の+Bは380V-0-380Vの全波整流なのでどの端子で測ったかを知りたいです。
 私も投稿写真から二次側の高圧配線の絶縁が怪しいような気もします。380V×2のトランスです。線間には最大値1,000V超えの高圧が発生していることを理解してくれればよいのですが


>電源トランスは多少熱くなりコイルが焼ける匂いがします

 真空管はさしていないとすればトランスか配線かの切り分けをしたいのですが。


新たな回答者が来ましたので様子をみます。
 

電源トランス その2

 投稿者:嶋村  投稿日:2018年 9月19日(水)23時44分20秒
編集済
  了解です。
工房の掲示板では、なんか、また、違う症状が?!書き込まれていますね。
どうも、整理がつかず、混乱している様子ですね。

今回は、球をすべて外した状態で、電圧が出ず、においがするような。
もしかして、単にB+の回路がショート?

 

re:電源トランス その2

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 9月19日(水)18時53分23秒
  嶋村様 こんばんは。ご投稿ありがとうございます。後段のように修正いたします。

>思うに、5年前に、これを作ったときは少なくとも動作していたのではないかと思うのです。

 肝心なことを失念していました。組立てた経験があることを忘れていました。投稿を読む限り鳴っていたようです。GT管を選択、音声出力のプッシュプル出力など回路も解説本でなくばざーらからの回路図とまったくの初心者でないかもしれません。電源トランスまわりも不完全ながら熱収縮チューブを使っているのも何らかの知識がありそうです。

 私もこのラインナップと回路を見たとき手持ちの昭和30年ころの回路図集のものに近いと感じました。


【1 電源トランスに段ボールでハチマキをします。要はシャーシをひっくり返した時段ボールで電源トランスの重量を支えます。同様にIFTにも段ボールを巻き付けシャーシを安定にします】


【2 電源トランスの単体チェックします】

チェック方法

1 先ずテスターの機能確認してください。通電中に導通チェックをしたとのことテスターが壊れている可能性があります。

2 電磁型スピーカー用の電源トランスは電圧が高いので慎重に。高圧の380V電線はゴム引き電線なので風化しています。熱収縮チューブで絶縁を確保し5Y3のP1とP2の配線までやりなおしてください。巻き線と引き出し線は細いので無理をすると断線します。(修正しました)

3 真空管を全て抜きます。6.3Vのパイロットランプだけは残します。

4 ラジオのACプラグの両端で抵抗測定をします。20Ωから50Ωほどならok。併せて電源スイッチをon/offしてスイッチとヒューズ(3Aでok)を確認します。

5 ヒーター用の0-2.5V、0-6.3V(太い電線)、0-6.3V(やや太い電線)、0-5V(太い電線) は0Ωを確認 (トランスの端子は0-2.5V-6.3Vかもしれません)

6 高圧の380V-0V-380Vは250Ω-250Ωほどならok

 ここまでokなら通電して端子("タップ"はコイルの中間の引き出しに使う用語です)電圧を測ります。

7 真空管はすべて抜いたままスイッチをoffにしてプラグをコンセントに差します。

8 スイッチをonにしてパイロットランプ点灯を確認します。

9 各コイルの端子電圧を測定します。高圧の380V回路は慎重に。

10 表示に近い電圧があり、過熱、異臭、発煙がなければ一応電源トランスはokと判断できます。

 

電源トランス その2

 投稿者:嶋村  投稿日:2018年 9月19日(水)13時21分59秒
編集済
  拝見しました。
私も修理するとき、必ず”ハチマキ”を作ります(笑)

さて、

文面そのものは、私には理解できますが、果たして依頼人にとって、
大丈夫なレベルかがわかりません。
なので、テスターのレンジとモードを示してはいかがでしょう

抵抗計測のモードで...
電圧 交流のnn V以上のモードで...

と、言うのを加えるとよろしいかと思います。

また、これまでの経験で、同様の説明を書いたとき、
7番の直前で、もう一度、

”真空管はすべて抜いたまま”

と、いう言葉を入れたほうがいいです。
このタイミングで、真空管をセットしそうです


肝心のトランスのことですが、思うに、5年前に、これを作ったときは少なくとも
動作していたのではないかと思うのです。
その後、現状の状態になったと仮定すると、確かにトランスの劣化もあるかもしれないですが、
他の要因が起因してトランスに意地悪しているように思うのですが。

 

電源トランス その2

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 9月17日(月)21時19分58秒
  写真と回路図がアップされました。回路はともかく電源トランスまわりが危なそうです。
 複数の方の回答があると質問者は混乱しますので小生の方法を書いてみます。ご意見を頂戴したいと思います。
 その後の進展状況を見て必要ならばラジオ工房掲示板に転載したいと思います。


【1 電源トランスに段ボールでハチマキをします。要はシャーシをひっくり返した時段ボールで電源トランスの重量を支えます。同様にIFTにも段ボールを巻き付けシャーシを安定にします】


【2 電源トランスの単体チェック】
チェック方法
1 先ずテスターの機能確認してください。
  通電中に導通チェックをしたとのことテスターが壊れている可能性があります。
2 電磁型スピーカー用の電源トランスは電圧が高いので慎重に。
  高圧の380V電線はゴム引き電線なので風化しています。熱収縮チューブで絶縁を確保してください。
  この380Vの配線は5Y3のP1とP2の配線までやりなおしてください。
  巻き線と引き出し線は細いので無理をすると断線します。
3 真空管を全て抜きます。6.3Vのパイロットランプだけは残します。
4 ラジオのACプラグの両端で抵抗測定をします。20Ωから50Ωほどならok
  併せて電源スイッチをon/offしてスイッチとヒューズ(3Aでok)を確認します。
5 ヒーター用の0-2.5V、0-6.3V(太い電線)、0-6.3V(やや太い電線)、0-5V(太い電線) は0Ωを確認
6 高圧の380V-0V-380Vは250Ω-250Ωほどならok

 ここまでokなら通電して端子("タップ"はコイルの中間の引き出しに使う用語です)電圧を測ります。

7 スイッチをoffにしてプラグをコンセントに差します。
8 スイッチをonにしてパイロットランプ点灯を確認します。
9 各コイルの端子電圧を測定します。高圧の380V回路は慎重に。
10 表示に近い電圧があり、過熱、異臭、発煙がなければ一応電源トランスはokと判断できます。

【DELLからです、文書作成中にまたまたブルースクリーン発症 誤字脱字はご容赦ください】
 

re2::DELL760のwindowsが更新されました

 投稿者:岩渕  投稿日:2018年 9月17日(月)20時12分19秒
  竹内さん了解です

32ビット版でもアップデートしているのですね、タブレットのスペックはCPU1.8GHzでメモリが2Gしかないので1511で十分です
DELL755の方は竹内さんより遅いCPU2.33GHzですがメモリだけは4Gに増設しましたので何とかストレスなく動いています
本当はOSが64ビットですのでもう少しメモリを乗せたいのですが費用の点で挫折しています

それにしても今回のアップデートでホームグループが無くなったのには参りました。私のシステムではメインのパソコンに
合計5TのHDDを繋いでサブ機とタブレットからWiFi接続でメイン機のHDDにアクセスしているのでホームグループが無くなると困ります
 

re::DELL760のwindowsが更新されました

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 9月17日(月)18時23分2秒
  岩渕様 こんばんは。お彼岸も近くなりこの時間は暗くなり涼しい風が吹いています。

>64ビット版だけでしょうか?タブレットの32ビット版Win10はいまだに1511のままです

 DELL760は32bit版です。恥ずかしいですがスペックです。DELL760から書き込みしています。

 CPU intel core2 2.66GHz
 RAM 2G
 OS  windows10 home 32bit
 バージョン 1803
 OSビルド 17134.285 です。

 コントロールパネルで見ても一応問題なさそうですが信頼性の履歴はブルースクリーンになるのでガクンと下がります。

 

Re:DELL760のwindowsが更新されました

 投稿者:岩渕  投稿日:2018年 9月17日(月)10時59分42秒
  竹内さん、ご無沙汰しています

Win10のアップデートまた始まりましたね、私の処も今日朝からアップデートが始まり先程終了して
使えるようになりました。速度的には遅くなったような気がしませんでしたがホームグループが使えなく
なっていたので早速元のレビジョンに戻しました。

アップデートで機能が増えるのは良いですが、今まで使えていた機能が無くなるのは困りものです
ちなみにこのアップデート、64ビット版だけでしょうか?タブレットの32ビット版Win10はいまだに1511のままです
 

re:電源トランス

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 9月17日(月)08時21分52秒
  嶋村様 おはようございます。当地は先日来の台風や大雨も止み秋空になりました。未だに新居に引っ越したのは小生のみで家族は住み慣れた家が良いと引っ越してきません・・・何のためにこの歳になって家を建てなのかです。

 カミさんは小生が固くなった庭先をツルハシで掘り起こしフルイで石を取り除いて家庭菜園にするつもりの場所をせっせと花壇にしています。

>1Aヒューズだと溶断、3Aヒューズだととばず電源トランスが過熱する・・・

 私も6F6、6V6や6L6のプッシュプル出力のいわゆる"電蓄ラジオ"を作りましたが、このクラスの電源トランスだと整流管仕様でもコールドスタート時は1Aヒューズではきついです。3Aないし5Aにしています。

 彼の方の投稿でヒーターの点灯状況や要所の電圧が投稿してくれれば解決に近づくと思います。


DELLパソコンは緊張感が味えます・・・突然ブルースクリーンになりwindowsの再構成が始まります。起動しているタスクが一つでも何かの拍子にとびますのでデーター処理などには恐ろしくて使えません。最低限のスペックなので仕方ないかもしれません。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

DELL760のwindowsが更新されました

 投稿者:嶋村  投稿日:2018年 9月16日(日)23時50分18秒
編集済
  私のパソコン、Windows7だったマシンにWindows8を載せて使っていました。
ところが、数年前の事、テレビを見ながらパソコンを入れると、なにやらアップデートを聞いてきて、
通常のアップデートだと思ってYesにしたら、なんと、2時間ドラマが終わったころ、
Windows10になってしまっていました。(TVも、こちらも”事件”でした)
そして最近、私の掲示板にも書きましたが、Ver1803へのアップデートが来て、
何度か拒否したのですが、勝手に何度かスタートし、暴走しました。
現在は、昔のバージョン(17年版)に戻して、1803用のアップデーターを消して使っております。
パソコンが、1803を動かすには、ぎりぎりスペックなので、そうしました。
それでも、ウイルス対策のアップデートなどは、問題なく入っているようです。

 

電源トランス

 投稿者:嶋村  投稿日:2018年 9月16日(日)23時44分33秒
  私も見ていましたが....
私が気になったのは、
> 1Aヒューズだと溶断、3Aヒューズだととばず電源トランスが過熱する
と、いうことは、100Wなら、ヒューズが飛ぶが、300Wなら大丈夫!
って、
そんなに電流流れているいうことは、電源トランスのせいではなくて、回路では?
と、思って見ていました。 (回路の不適切)
ただ、
おそらく、テスターの正しい計測方法から説明する必要がありそうなので、
書き込みは控えました。

トランスを交換するとありましたが、思い切り大容量な奴に取り替えないと、
やっぱり熱を持つような気がするのですが。
 

"電源トランス"

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 9月16日(日)16時48分25秒
  復調なったDELLパソコン(時々ブルースクリーンになります)からの書き込みです。

ラジオ工房掲示板に大変興味ある『電源トランス』の投稿がありました。『』は小生のコメントです。

1 構成は、6SA7-6SD7-6SQ7-6J5-ドライバートランス-6F6プッシュプル-5Y3の7球
  『6SD7は6BA6に相当するハイgm管。小生も国産6SD7で組んだことがあります』

2 5年ほど前に自作した。
  通電したところ6F6のプレートが2本とも赤熱した。+Bが400Vらしい(9/19投稿)
  何処かに3kΩを入れたら赤熱は止まった。+Bは300Vらしい。
  『6F6まわりでは30mA流れる回路はないんだけど、もしかしたらG2あたりかも』

3 通電したところ電源トランスが過熱した(これが出発点)(9/13投稿)

4 真空管を抜いたらトランスの過熱は無くなった。(9/13日2回目の投稿)

5 1Aヒューズだと溶断、3Aヒューズだととばず電源トランスが過熱する
  電源トランスの高圧はac380V (9/14投稿)
  『昔の電磁スピーカー用電源トランスです。5Y3で全波整流するとdc500Vを超える高圧が出ます。+Bが400Vならばいささか電圧が高めですが励磁コイルでの電圧降下としては正常でしょう』
  『本場アメリカ製の6F6は頑丈でオルソン博士が作ったオルソンアンプは6F6の規格を平然とオーバーしています。残念ながらこれをまねて国産6F6ではダメだった』
  『小生は同様の電磁スピーカー用トランスを使う時は"抵抗入力"として+B電圧を思い切り下げます。この抵抗は交流分の電力消費が大きいのでテスターでの直流分だけの熱損失では足りません』

6 電源トランスが不良のようだ(9/14日2回目の投稿)

7 電源トランスは通電しないと導通があるが通電すると導通が無い(9/15)
  『通電中に導通試験をするとは・・・これはテスターがお亡くなりました。』

【小生の推測 部品不良はではないと思う。回路の不適切。+Bが高すぎる、6F6のバイアスが浅い。6F6のG2電圧が高すぎる】ただ推測の状態でもトランスが過熱することはないので誤配線もあるかも。

 『小生もこの種の"電蓄ラジオ"を複数作ったけど楽しかったです』
 

DELL760のwindowsが更新されました

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 9月15日(土)07時46分22秒
  ここ数か月引っ越しやらなにやらで通電していなかったのですが昨日通電しました。

 いきなりモニターの掃引周波数の変更になりましたが合致しません。以前は問題無かったはずですがモニターを代えて起動しました。30分ほど経過したら『なんやら不明のエラーが発生したのでwindowsを構成します・・・』とHDD交換前の悪夢が再現しました。

 2回ほど強制終了と再起動を繰り返した後windowsが起動しました。ところがHDDがアクセスしっぱなしです。タスクマネージャーで見るとマイクロソフトが使っています。モニターを消して放置しておきました。

 先ほどみたらwindows10 Ver1803になっていました。こんな古いパソコンでも1803になりましたが、滅茶苦茶遅いです・・・・ネットが切れたのかと思います。
 

久しぶりに熱海へ行きます

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 8月28日(火)20時26分16秒
  自宅の新築にかかりきりでしたがこの週末久しぶりに熱海に行きます。夏休み最後の海上花火大会は盛り上がるので楽しみです。親爺は酷暑のおり引越しやら片付けやらで汗をかいていましたが子供は2回も熱海に泳ぎに行っています。

 信州は8月の前半は猛暑でしたが台風が来た後半は涼しくなりました。夜、窓を開けていると冷たい風が吹き込んできて窓を閉めるほどです。

 建築関係の知人が言うには住宅建築は着工待ちのようです。これは職人さんの手が足りない、言いかえれば『仕事を任せられる腕を持った大工さんをとりあっている』のだそうです。我が家の向かいでも新築中ですが、我が家でお世話になったお大工さんが応援に呼ばれて来ていました。

 6月下旬の住宅引渡から二か月経ちましたが未だに引越ししていません。今頃になってカミさんは「住み慣れた今の家の方が良い」ととんでもないことを言っています。近隣の目があるので小生だけ新居で寝ています『バルコニーで星を見ながらタバコと酒が楽しめるのでなんの不満もありません』。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

秋葉原駅 電気街出口

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 8月23日(木)20時59分40秒
  ここ3年ほど秋葉原はご無沙汰しています。ラジオ工房掲示板でノグチトランスも来月末へ閉店するとのことです(私はノグチトランスで未使用ではありますが返品/交換してもらったことがあります)。駅前のbit inも無くなり、真空管アンプの三栄もなくなりました、パーツの鈴商も通販のみになったらしいです。

 小生はインターネットのオークションや通販で入手した真空管やラジオ部品で今後も楽しめます。引越しを機会に発掘したら結構出てきましたがカミさんから新居への搬入を禁じられたので空き部屋に積み上げています。

 真空管ラジオも良いですが、真空管アンプにも戻りたいです。ただ誠に遺憾ながら残念なことに70才を過ぎた老人の耳には10kHz以上、ことによれば8kHz以下しか聞こえませんのでどのアンプで聞いてもとても良い音に聞こえます。

 以前はシャーシ加工をすると切削クズが散らかって嫌がられていましたがこれからは専用の工作室で思う存分できます。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

re:ページ内にある画像の使用許可をお願いします

 投稿者:きくち  投稿日:2018年 8月21日(火)15時34分31秒
  >ページ内にある画像の使用許可をお願いします

 どうぞご自由にお使いください。

→ありがとうございます。

 なお、出展についての当方のURL表示はご遠慮ください。
http://sin454.life.coocan.jp/

→承知いたしました。
 

re:ページ内にある画像の使用許可をお願いします

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 8月21日(火)10時43分34秒
  >ページ内にある画像の使用許可をお願いします

 どうぞご自由にお使いください。

 なお、出展についての当方のURL表示はご遠慮ください。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

ページ内にある画像の使用許可をお願いします

 投稿者:きくち  投稿日:2018年 8月20日(月)11時30分22秒
  初めまして。ユウパリコザクラの会の菊地と申します。
当会は来年で30周年を迎えるにあたり、記念誌を出版する計画です。
主な内容は「夕張岳」についてなのですが、コラムを何本か準備したいと思っています。
そのうちの1本が鉄道についてと、ダムに沈んだ町として大夕張を取り上げようと思います。
そこで、以下のページにある写真を何点か利用したいのですが許可をいただきたくお願いいたします。大変厚かましいお願いで申し訳ありませんが、何卒宜しくお願い致します。

http://sky.geocities.jp/sio_115/page079.html

http://yuparikozakura.org/

 

寒かったわけです

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 8月19日(日)09時29分25秒
  気温の変化に老化した身体がついていけません。隣町の松本の気温ですが当地では1℃ほど低くなります。


  8月15日(水)最高 32.6℃ 最低23.1℃
   16日(木)   28.3    23.2
   17日(金)   25.2    16.8
   18日(土)   27.9    11.6 でした。

 11℃は11月下旬の最高温度です。最低温度でも10月上旬です。Tシャツ一枚では寒いわけです。県内の観測地でも8月の最低温度を更新したようです。

 酷暑でヒーヒー言っていたら自然は借りを返しにきたようです。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

"寒い"です

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 8月16日(木)19時27分56秒
  毎年のことですがお盆を境に急に涼しくなります。

 今日は雨が降り風も強かったです。当地のお墓参りは線香やお花だけでなく"カンバ"を墓石の前で燃やします。カンバは白樺の木の皮で樹脂が多く燃え上がります。昔は限られた雑貨屋しか売っていなかったですが近年はスーパーはもちろんコンビニでも売っています。当地は夏の観光シーズンなのでコンビニも賑わっていますがカンバには驚くでしょうね。

 陽も沈み雨もやみましたが部屋にいても寒いです。気温はちょうど20℃です。少し前は暑い暑いと言っていたのですが。もう3ヶ月も経てば雪が降り氷も張ります。

 ここ数日夕立が合ったりで引越しは中断しラジオ部品を整理しています。物を捨てられない性格なので入手したジャンクラジオシャーシの部品があります。処分するつもりが結局段ボール箱を替えただけで格納しました。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

re:『ブーン音』

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月16日(木)09時02分31秒
  私の場合は、つねり理論的根拠とか、文獻の紹介でしか
過ぎませんから、実際にラジオの修理をされている方に
お役にたつかどうかは、念頭にありません。
まあ、いわば、「畳の上の水練」みたいなもので、
役に立つかどうかは、わからないものの、知っておけば
何かのときに役立つかもしれない、とは思っています。
いわば、保険か、『百科事典』みたいなもので、なにかの
時に役にたつだろうといわれながら、その「何かの時」
が、こないほうがよいというようなものです。

最近、「ラジオ温故知新」の更新が滞っていますが、
実はもうひとつのウエブサイト「科学図書館」にアップして
あるものを、Amazonを通じて販売していまして、そちらの
製作に力を注いでいるためです。

「ラジオ工房掲示板」などで、話題になったことで、手持ちの
書籍や雑誌に関連記事が書いてある場合は、なるべくそのような
関連記事を「ラジオ温故知新」にアップしようとは思っています。

中部日本放送の社史を途中まで仕上げたのですが、上に述べた
ような「科学図書館」を重点に仕事をしているために、
ペンディング状態です。

とりあえず、時間を見つけて、「ラジオ温故知新」を更新して
いこうと思っています。

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

『ブーン音』

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 8月15日(水)10時19分41秒
  ラジオ工房掲示板でブーン音が投稿されています。

 ハム音なら分かりますが"ブーン音"とは何のことやらと読んでみたらハム音のことでした。

 ラジオ温故知新の梅田さんもハム音で投稿されていますが話がかみ合ってくれるのか心配です。初歩のラジオなどのラジオ雑誌が懐かしいです。

 猛暑の中少しづつ引越ししています。数少ないラジオ雑誌も救出して本棚に納めましたが、ラジオの高周波部品は区分けしたのですが他は段ボール箱住まいです。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

火星

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月10日(金)07時09分13秒
  ラジオの話ではないのですが…
今話題の火星は、ほぼ15年に1回大接近します。
望遠鏡で見ると話題の「運河」もみえるかも知れないと
思うかもしれませんが、よほど大きい望遠鏡で、しかも
大倍率を使わないと、ただ赤くて丸く、ちょうど火のついた
紙巻たばこの先端を見ているようにしか見えません。
一般家庭用に売られている6cmほどの屈折望遠鏡では、
火星の北極や南極にある極冠とよばれる白いものが
見えれば「オン」字です。
見るとすれば「さそり座」の1等星で赤い星である
「アンターレス(アンチ・アーレス。アーレスは火星の
ことで、「アンチ」は「敵」のこと、つまり「火星の敵」)
との対比を眺めるのがいいかもしれません。
赤い二つの星が、対抗しあっている様子がわかります。

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

re:桐Ver9 リレーショナルデータベース

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 8月 9日(木)08時06分32秒
  梅田様 おはようございます。当地は台風の影響もなく小雨が降り涼しい朝です。

 データーベースソフト"桐"は現職時勤務先で導入していましたので"桐4"を購入しました。たしか桐4はDOS版でFEPとして松が付属していたと思いますが私はATOKを使っていました。その後windows版の桐7になり今はwindoes10の桐9です。

 エクセルやアクセスでもデーター管理できるようですが、桐は使いやすい良いソフトなのに店頭から消えてしまったのは寂しいです。

 夜半の火星もはっきり見えますが、老化の視力低下に加え田舎の当地でも市街地の灯りで星空が見え難くなりました。昔は『降るような星空』が当たり前だったのですが。


 

http://sin454.life.coocan.jp/

 

re:桐Ver9 リレーショナルデータベース

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月 8日(水)23時23分35秒
  「桐」ですか、懐かしいですね。
私も一時、管理工学研究所の「桐」を使った
ことがあります。
「桐」はたしか、日本語変換ソフトとして「松」が
付属していたように記憶しております。

「松」は「一太郎」に比べて使いやすかったような
記憶が……

MS-DOSだったのか、それともWindows3.1だったのか、
今となっては記憶が定かではありませんが、表計算ソフトには
Lotus1-2-3を使った記憶があります。

私の子供の頃からの趣味は天文なので、ちょうどその頃か
その後か記憶が定かではありませんが、発売され始めた
Turbo Pascalを使って天体の軌道計算プログラムを作ったり、
その後Turbo Cが売り出されると早速Cに乗り換えて
PascalプログラムをCに書き換えたりしたものでした。

「桐」という懐かしい名前を見て思わす、昔話になりました。

あまりラジオに関係ない話で申し訳ありません。


http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

桐Ver9 リレーショナルデータベース

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2018年 8月 8日(水)22時05分0秒
  夕方久しぶりの降雨です。

 たしかにカミさんのガラクタは・・・の命令とおり自作ラジオを新居に運んだのですがとてもじゃないですが整理つきません。しかたなく真空管ラジオを持ち帰っています。5段のスチール棚を買ってきて一面に並べたのですが、どうも寸法が合いません。他人様のホームページを拝見すると特注の棚を用意されているようでスチール棚は失敗でした。このためお気に入りを残し他のラジオは持ち帰りしました。何処にどのラジオがあるのかメモ書きしたのですがダメです。

 真空管もホームセンターの3段ケースも寸法が合わず一部真空管は新居に入れず段ボール箱住まいです。

 そこで登場するのがリレーショナルデーターベース"桐9"です。ここ十年以上データー更新だけで新しいファイルは作っていなかったので手こずりましたが何とか実用に耐えるファイルができました。桐の優れているのは"絞り込み(抽出)","並び替え"が自由自在のうえX軸方向の"項目"を自由に変更できます。うろ覚えのラジオ名でも検索できます。

 数十年も昔から脳細胞の記憶素子の劣化と不足でパソコンのお世話になっていましたが70才を過ぎるとパソコンは本当に助かります。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

レンタル掲示板
/88