teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:131/2505 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

re:スールーホールでは無い両面プリント基板

 投稿者:管理人の竹内  投稿日:2017年 4月25日(火)09時10分1秒
  通報 編集済
  おはようございます。初期の両面プリント基板も開発力・技術力の差はいたしかたなかったでしょうね。プリント基板もですがメインバリコンの軸が曲がるという通信機型受信機では考えられない機構です。

 KENTECの基板の部品面(すべてのバンドのアンテナ、高周波、発振コイルとバンド切替スイッチ)はコイルを取付て裏でハンダ付けすると部品面のランドにはハンダ付けができない・・・。コイルのシールドケースまたはコイル端子の形状を変えて部品面のハンダ付けが可能にしてあれば恰好も良く回路も凝っているのに惜しかったです。

 写真はコイル面です。再生するにはメインバリコンを外してバンド切替スイッチとコイル端子間にジャンパー線を飛ばすことになります。下の写真は仮置きですがロクタル管ラジオに付けたカウンターです。

 周波数カウンタは4,000円ですか価格上昇もすごいですね。これだけ強気の価格にしたということは売主も予想だにしなかった注文がきたんですね。


『ヤフオクにKENTEC BCL-1 が出品されています』

 いささか唐突に"スルーホール"に関連してKENTEC BCL-1 を投稿したのはヤフオクに実機が出品されていて今日が終了日です。出品説明によると動作品のようです。取扱説明書(1)も付属しているようです。

 惜しいことにケースを開けた写真が無いので"メインバリコンの軸"が分かりません。もし入手できたら手持ち品と比べてなのですがこのバリコンの軸が曲がらないように補強ステーに転用したいのです。

http://sin454.life.coocan.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:131/2505 《前のページ | 次のページ》
/2505